また、会話の時、できるだけ相手の目の表情や視線に意識をおいてみるという会話の基本に立ち戻ることも忘れずに。「目を見て話す」Ⅱアイコンタクトは会話の基本。きちんと目を見据えて話をすると、されたほうもあなたを理解しようという気持 ちになります。しかし、相手を見るときはにらみつけるなど、プレッシャーを与えると逆効果ですので、気をつけましょう。それから、目上の人とのコミューーケーションも大切です。そこで、先輩や上司と、ダジャレやギャグを交えた会話をしてみましょう。そして、「あの子、ちょっとおもしろいね」という評判が広まったあたりから、いろんな人に試してみましょう。笑いはコミュニケーションを円滑にします。しかし、コミュニケーションは、何も「仲良しこよし」だけではありません。他人と意見が対立したときにこそ、その脳力は発揮されます。他人と意見が合わないときこそ、コミュニケーション脳度を高める絶好の機会なのです。友人や知人と意見が違ったとき、積極的に相手を説得するように心がけることが、脳を活性化させるのです。 自分の意見に相手が納得するまで主張すること。たとえあなたの意見が少数でも劣勢でも、相手を説得するためとことん考え、考えつくす、相手の心を解きほぐす表情や会話術を実践するなど、あらゆる方面から説得に努めましょう。畠四囲Ulイメージする、擬似体験するひとりきりでもコミュケーション脳力を高める機会はあります。疑似体験です。

参考: